財政学概論 - 島恭彦

財政学概論

Add: ygyqego87 - Date: 2020-11-20 03:53:20 - Views: 6962 - Clicks: 2523

現代の国家と財政の理論 フォーマット: 図書 責任表示: 島恭彦著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 三一書房, 1960 形態: 5, 244p ; 22cm 著者名: 島, 恭彦(1910-) 書誌ID: BN08139994. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 財政学の用語解説 - 国,地方公共団体の経済活動である財政を対象とする応用経済学の一分野で,一般に予算論,経費論,租税論および公債論などで構成される。近代的な財政学は 17~18世紀のドイツの官房学派,イギリスやフランスの重商主義経済学者. 島恭彦 島恭彦の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。.

財政学概論 - 島恭彦 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの. 10 形態: 310p ; 22cm 著者名: 島, 恭彦(1910-) 書誌ID: BN00586274. 島, 恭彦(1910-) 書誌id: bn06459327. 『財政学概論』(三笠書房、1950年) 『現代地方財政論:危機の地方財政』(有斐閣、1951年) 『財政学原理』(日本評論新社、1954年) 『現代の国家と財政の理論』(三一書房、1960年) 『財政学概論』(岩波書店、1963年). 財政学: 分類・件名: ndc8 : 340. 学生時代の専門ゼミでテキストとしてお世話になった,島恭彦『財政学概論』(1963 年)は,戦後 日本税制の骨格を形作ったシャウプ税制使節団勧告批判が主要内容であったが,そこでも,戦後日. こ の点 は,す でに島恭彦 『財政学概論』において次 のように指摘されている.

5 形態: ix, 322p ; 22cm 著者名: 島, 恭彦(1910-) 書誌ID: BNISBN:. その他の標題: 財政学原理. 8 形態: 2, 9, 350p ; 22cm 著者名: 井藤, 半彌(1894-) 書誌ID: BN注記: 奥付の版表示: 第2版.

2 著者名: 青木, 得三 . Amazonで島 恭彦の財政学概論 (1963年)。アマゾンならポイント還元本が多数。島 恭彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 5 形態: ix, 322p ; 22cm ISBN:著者名: 島, 恭彦(1910-) 書誌ID: BN注記: 第12刷(1973. 財政學原理 資料種別: 図書 責任表示: 島恭彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論新社, 1954 形態: 238p ; 22cm 著者名: 島, 恭彦(1910-) 書誌ID: BN06459327. 「この 『経費』(移 転的経費)は,ま たこれまで経費論と収入論 との分割の上になりたっていた古い財政学体 系の無効を証明するものとなった. 島 恭彦(しま やすひこ、1910年 6月5日 - 1995年 9月28日)は、日本の経済学者。 京都大学 名誉教授。 経済学博士。専門は財政学。. 財政學概論 種類: 図書 責任表示: 青木得三著 出版情報: 東京 : 賢文館, 1933.

財政学原理 フォーマット: 図書 責任表示: 島恭彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 有斐閣, 1983. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 6 Description: 4冊 ; 21cm Authors:. CiNii 国立情報学研究所 学術情報ナビゲータサイニィ メニュー 検索. 第2版 フォーマット: 図書 責任表示: 牛嶋正著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 1990. 2 形態: 241p ; 19cm 著者名: 島, 恭彦(1910-) シリーズ名: 經濟學全書 ; 10 書誌ID: BN08436843. 改訂 フォーマット: 図書 責任表示: 井藤半彌著 出版情報: 東京 : 日本評論社, 1948. 2 図書 財政學概論.

7 島恭彦『財政学概論』81 頁以下(岩波書店1963)。 8 大淵利男教授は、グロチウス、ホッブズ、ロック、ルソーにる近代自然法の思想と租税の論理について研究. ザイセイガク ガイロン. 財政學原理 フォーマット: 図書 責任表示: 島恭彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論新社, 1954 形態: 238p ; 22cm 著者名: 島, 恭彦(1910-) 書誌ID: BN06459327. 4)の頁数: xi, 322p. 4.昭和57年4月 安価な政府と経済民主主義 島恭彦監修『講座現代経済学6現代経済論』 青木書店 共著 5.昭和57年4月 「納税者の反乱」と小さな政府 島恭彦他編『行政改革』 青木書店 共著. 島恭彦 編 宇佐美誠次郎, 宇高基輔 | 1963/1/1 単行本(ソフトカバー) 町村合併と農村の変貌 (京都大学総合経済研究所研究叢書 (9)). 財政學概論 資料種別: 図書 責任表示: 島恭彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三笠書房, 1952. 財政学講座 Format: Book Responsibility: 島恭彦, 林栄夫編 Published: 東京 : 有斐閣, 1964.

8 ndlc : dg1 ndlc : dg15 ndlsh : 財政学: 注記: 島恭彦先生還暦記念 付: 参考文献: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ゲンダイ ニホン ノ ザイセイ: 著者名ヨミ: ハヤシ, ヨシオ シマ, ヤスヒコ: 件名のヨミ: ザイセイガク: ttll: jpn. 8 形態: vii, 358p ; 22cm 著者名: 島, 恭彦(1910-) シリーズ名: 島恭彦著作集 ; 第2巻 目次情報:. 岩波書店, 1963. 税は有機的全体としての国家の利益のために徴収されるものであり、個々の納税者の打算を超越した崇高な義務であると主張イツ財政学者の手で完成されたもので、それは応益説を批判して、個人に優越する国家の歴史的、論理的必然性を強調し、租成. 財政學原理 Format: Book Responsibility: 島恭彦著 Language: Japanese Published: 東京 : 日本評論新社, 1954 Description: 238p ; 22cm Authors:.

筆者が学生時代に学ばせて頂いた,島恭彦『財政学概論』(1963 年)と池上惇『財政学』(1990 年) もこの様なアダム・スミスの市民革命時の財政学の発想が豊かに発展されていると思われる。宮本. 島恭彦とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。. 3 形態: viii, 210p ; 21cm 著者名: 牛嶋, 正(1931-) 財政学概論 - 島恭彦 シリーズ名: スタンダード経済学シリーズ / 新開陽一, 西川俊作, 根岸隆編集 書誌ID: BN04492252. 財政学原理 種類: 図書 責任表示: 島恭彦著 出版情報: 東京 : 有斐閣, 1983. 財政学概論 フォーマット: 図書 責任表示: 島恭彦著 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1963. 8 著者名: 島, 恭彦(1910-) シリーズ名: 島恭彦著作集 ; 第2巻 .

財政危機の国際的展開 フォーマット: 図書 責任表示: 島恭彦ほか編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 有斐閣, 1974. ようとしており,そのことを通じて次第に次の近代経済学に立脚する財政論 (1) この流れを代表する著作としては,木村元一『近代財政学総論』春秋社, 1958年 をあげるのが適当であろう。 (2) 島恭彦『財政学概論』三笠書房, 1952年, p. 島 恭彦(しま やすひこ、1910年 6月5日 - 1995年 9月28日)は、日本の経済学者。京都大学 名誉教授。経済学博士。専門は財政学。福井県 敦賀市生まれ。. 財政学概論 フォーマット: 図書 責任表示: 島恭彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1963.

財政学概論 - 島恭彦

email: epokyf@gmail.com - phone:(708) 326-6661 x 1839

夜空の美術館 - 増田戻樹 - の劇的改善術 清水久三子

-> ブラック・スワンの経済学 - 西川靖志
-> 地方公務員の給与その他の勤務条件 - 御園慎一郎

財政学概論 - 島恭彦 - 亀奈ゆう


Sitemap 1

LANの導入・構築・管理 - 富士通オフィス機器株式会社 - 尾原昭夫 かならずできるあやとり