食品の安全性を求めて - 農政ジャ-ナリストの会

農政ジャ ナリストの会 食品の安全性を求めて

Add: onynebu30 - Date: 2020-11-28 23:08:31 - Views: 8376 - Clicks: 1901

実際の活用事例(応用編) 6. HACCPシステムの適用の指針 5. 手順4.フローダイアグラムの作成 5.

範囲、使用及び定義 3. 手順8.各CCPの管理基準の設定 原則3 9. ナリストの広河隆一氏は、『福島 原発と人びと』()の中で、「戦争と原子力災害に共通なのは、加害者は市民の被害を隠 す」ということである。そして今回、この“原則”にマスコミが乗り、巨大な「記者クラブ」が出来上がった 2」と、マスコミ. 2014年度~2019年度までのドーピング違反例をまとめました。 (JADAホームページ、アンチ・ドーピング規律パネル決定報告、各競技団体HP、選手所属チームHPより抜粋) ※ 故意に禁止物質をライバルに投与したため. 製品が、そのまま生で食べられるものか、加熱調理されるのか、または、それを原材料として、さらに加工されるものかなどを、あらかじめ明確にしておくことが必要です。また、健康被害を受けやすい特定の消費者に利用される可能性(例えば、乳幼児や高齢者用の食品、福祉施設、病院での給食など)についても考慮しておかなければなりません。これらは、この後の危害分析の実施において、たいへん重要な情報となります。 「製品の記述」と「意図する用途の特定」については、まとめて一覧表にしておくとわかりやすいでしょう。. そのままで飲食できる物又は加工もしくは調理することによって飲食できる物をいいます。 ・添加物. 製造者等から入手した原材料表から、使用されている原料及び添加物が輸入できるものかどうか確認します。 (1)有毒、有害物質の確認 原料に有毒、有害物質が含まれている場合、原則、輸入することができません。(食品衛生法第6条第3号の規定によります。) 自然界には有毒、有害物質を含むものが数多く存在することから、それら原料を使用していないかチェックする必要があります。輸入食品でよくある具体的な例を以下に示します。 ア 動物由来のもの ① フグ※1② シガテラ毒魚(オニカマス、バラハタ、バラフエダイなど)※2 ③ アブラソコムツ、バラムツ ④ 巻貝(エゾバイ科巻貝:ヒメエゾボラ、エゾボラモドキなど)※3イ 植物由来のもの(菌類を含む。) ① シアン化合物含有植物(シアン含有豆類、キャッサバ、杏仁など)※4② ルーピン豆※5 ③ キノコ類 (参考) 自然毒のリスクプロファイル(厚生労働省ホームページにリンク) ※1 フグ フグの輸入条件は、以下のとおりです。 1)日本海、渤海、黄海及び東シナ海で漁獲されたこと。 2)輸入できるフグ(21種)であること。 クサフグ、コモンフグ、ヒガンフグ、ショウサイフグ、マフグ、メフグ、アカメフグ、トラフグ、カラス、シマフグ、ゴマフグ、カナフグ、シロサバフグ、クロサバフグ、ヨリトフグ、サンサイフグ、イシガキフグ、ハリセンボン、ヒトヅラハリセンボン、ネズミフグ、ハコフグ 3)魚種の鑑別を容易にするために処理を行わないもの又は単に内臓のみをすべて除去したものであること。 4)輸出国の公的機関により作成された証明書を添付すること。 *証明内容:フグの種類(学名)、漁獲海域、衛生的に処理された旨 5)冷凍されたフグは、急速凍結法により凍結され、低温(-18℃以下)で保管されたものであること。 *詳細については、「届出手続き」の「衛生証明書が必要なもの」をご覧ください。 ※2 シガテラ毒魚 ハタ科、フエダイ科、カマス科、フエフキダイ科の魚及びその加工品を輸入する場合は、魚種の学名を確認し、輸入が可能かどうか確認してください。 参考までに輸入ができない魚種等を下記のとおり掲載します。 1)輸入を認めない魚種 アカマダラハタ、アマダレドクハタ、オニカマス、バラハタ、バラフエダイ、フエドクタルミ(ヒメフエダイ)、アオノメハタ、オジロバラハタ、マダラハタ、オ. スポーツはフェアな戦いであるからこそ、勝利者は賞賛を浴びます。ドーピングを許してしまうとフェアプレーの精神に反し、スポーツの価値を否定していることになります。 以上の理由でドーピングは禁止されています。 ドーピング違反は、ドーピング検査で(検体に)禁止物質の痕跡が認められればどんな理由があっても違反となります。従って、不注意による「うっかりミス」であっても制裁の対象となります。.

新医薬品・バイオ後続品の記載事例 2. 『3分でわかる!RMP講座』 RMPについて解説したA4 1枚の資料です。ダウンロードの上、ぜひご活用ください。 「3分でわかる!RMP講座」 1. アレルギー物質等の製品表示 CCPは、製品や製造プロセスに固有のものですので、原材料の組成、梱包、製造方法、使用装置、工場レイアウトなどが変化すれば、CCPも変化します。危害分析において、CCPには特定されなかった危害の可能性のある工程は、「一般的衛生管理」の仕組みで管理することになります。. TUE(治療使用特例)について 5. 適用(12手順) 6. 製品の情報及び消費者の意識 10.

3)です。この国際規則では、食品衛生管理にHACCP手法を適用することを目的として、その適用のための基礎となる衛生管理項目について、管理すべき内容が記述されています。日本の食品衛生法をはじめ、各国の法規制の中には、この「食品衛生の一般原則」に基づいた内容が取り入れられています。以下に、「食品衛生の一般原則」の構成(目次)を記載します。 1. 公認スポーツファーマシストのホームページ html 薬やサプリメント使用するときには十分気をつけましょう! 薬が必要なときは、使う前にドーピングをまず意識し、わからなければ、スポーツファーマシストなど薬剤師に必ず相談してください。わからなければ、スポーツファーマシストなど薬剤師に必ず相談してください。(→ホットライン) 1. 『今日からできる!How to RMP』 RMPおよび追加のリスク最小化活動のために作成・提供される資材について、病院薬剤師の先生が動画で解説しているe-ラーニングコンテンツです。「RMPってなに?編」と「RMPを使ってみよう!編」の2つがあり、どなたでも無料でご覧いただけます。 1. スポーツファーマシストの定義 (スポーツファーマシストのホームページより). 現在、HACCP実施のための国際的な基準になっているのは、1997年にCODEX委員会により改正発行された「HACCPシステムとその適用に関する指針(HACCP SYSTEM AND GUIDELINES FOR ITS APPLICATION、Annex to CAC/RCP 1-1969,Rev. これまでもICH E2Eガイドラインでは、医薬品の既知のリスクや未知のリスク等を要約して「安全性検討事項」として取り上げ、医薬品安全性監視計画を作成するように求めていましたが、医薬品のリスクを低減するための方法については記載されていませんでした。 平成24年4月に、医薬品安全性監視計画に加えて、医薬品のリスクの低減を図るためのリスク最小化計画を含めた医薬品リスク管理計画(RMP:Risk Management Plan)を策定するための指針「医薬品リスク管理計画指針について」及び具体的な計画書の様式、提出などの取り扱い「医薬品リスク管理計画の策定について」がとりまとめられました。 この指針の活用により医薬品の開発段階、承認審査時から製造販売後の全ての期間において、ベネフィットとリスクの評価・見直しが行われ、これまで以上により明確な見通しを持った製造販売後の安全対策の実施が可能となることを目的としております。. 禁止物質・TUE 3. RMPには何が書いてある? 4.

以下に示す記載事例は公表資料の提出に際して作成する医薬品リスク管理計画書の概要の表記方法の参考のために、例示として示すものです。概要と医薬品リスク管理計画書のリンク先を分かりやすくするため、上記で提示している「医薬品リスク管理計画書 記載事例」に示した医薬品リスク管理計画書に添付する概要の位置づけとして示しています。 1. つつある中、農林水産品の機能性に着目した食品の開発も盛んに行われているが、機 能性食品の事業化には農産物の栽培方法の確立、加工技術の開発、有効性・安全性の 確認、マーケティング、販路開拓、ビジネスマッチング等の様々な課題が存在し、県. npo法人食品保健科学情報交流協議会常任理事(元中央区保健所食品衛生監視員) 小暮 実 月刊HACCP 年5月号(6月号訂正記事含む) 月刊HACCP Vol. アンチ・ドーピング規則違反の事例 4. 危害分析を実施する前に、原材料や添加物、包装資材などの受け入れから、加工、製造、保管、出荷、配送までのすべての作業の流れがわかるフローダイアグラム(工程図)を作成します。主原料の処理に関する工程だけでなく、添加物、容器・包装資材、使用水などについても、それを使用する工程がわかるようにしておきます。このとき、危害防止に関係する“作業パラメータ”(加熱/冷却温度、時間、pH、濃度など)も記載しておくとよいでしょう。フローダイアグラムは、通常HACCPチームが作成します。 また、工場などの施設内における交差汚染の可能性を検討するため、製品や作業者の動きがわかる施設平面図を作成することも必要です。. jp テクノロジー. 医薬品リスク管理計画(RMP)とは? 3. 以下に示す記載事例は医薬品リスク管理計画書(案)の表記方法の参考のために、例示として示すものです。安全性検討事項が本記載事例に挙げられているものと同じだとしても、必ずしも安全性監視活動及びリスク最小化活動について本記載事例と同じになるとは限りません。実際の策定の際には適応症、使用患者群など医薬品の特徴に応じて特定される安全性検討事項に基づき策定する必要があります。 1.

食品衛生法第11条により、厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から販売用の食品について、製造等の基準又は成分規格を定めています。この基準又は規格に合わない食品は、製造、販売、輸入等が禁止されています。それぞれの規格又は基準については、以下を参考に確認してください。なお、乳及び乳製品については、後述の9で別途説明しています。 (1)食品一般の成分規格 食品の安全性を求めて - 農政ジャ-ナリストの会 食品の成分について、抗生物質等、遺伝子組換え食品、残留農薬、放射性物質の規格が設定されています。 食品一般の成分規格は、厚生労働省ホームページで確認することができます。 →こちら(厚生労働省ホームページにリンク) また、抗生物質等、残留農薬については、本ページの「3 農薬、飼料添加物、動物用医薬品」の「(2)残留基準の確認」を確認してください。 →残留基準の確認 にジャンプ (2)食品一般の製造、加工及び調理基準 食品の製造等について、放射線照射の原則禁止、食用不適鶏卵の使用禁止、生食 用魚介類の調理用水の基準、牛の危険部位の除去、牛肝臓及び豚肉の加熱条件などの基準が定められています。 食品一般の製造、加工及び調理基準は、厚生労働省ホームページで確認することができます。→こちら(厚生労働省ホームページにリンク) (3)食品一般の保存基準 食品の保存について、食品保存用の氷雪の基準、抗生物質の使用禁止、放射線照射の禁止が定められています。 食品一般の保存基準は、厚生労働省ホームページで確認することができます。 →こちら(厚生労働省ホームページにリンク) (4)食品別の規格基準 上記(1)~(3)とは別に、個別に食品の成分規格、製造・加工基準、保存基準が定められています。 個別規格基準は以下のとおりです。成分規格や製造基準等を参照しやすくまとめていますので、一部省略しています。正式なものについては、後述の厚生労働省ホームページをご覧ください。 ア 清涼飲料水 イ 粉末清涼飲料 ウ 氷雪 エ 氷菓 オ 食肉及び鯨肉(生食用食肉及び生食用冷凍鯨肉を除く。) カ 生食用食肉(牛の食肉(内臓を除く。)であって、生食用として販売するものに限る。) キ 食鳥卵 ク 血液、血球及び血漿 ケ 食肉製品 コ 鯨肉製品 サ 魚肉ねり製品 シ いくら、すじこ及びたらこ(スケソウダラの卵巣を塩蔵したものをいう。) ス ゆでだこ セ ゆでがに ソ 生. HACCPの成功には、経営者、作業者、各分野の工学的専門家の協力と参加が必要である。 6. 加熱により病原菌、ウイルスなどを殺菌する。 3. 手順6.危害分析の実施 原則1 7. <1>通常の状態で、起こりやすい。 2. 施設:設計及び設備 5. RMPってなに?編 RMP及び追加のリスク最小化活動のために作成・提供される資材の基本的事項について 解説しています。資料はこちら。 【チャプター】リンクをクリックすると各チャプターのところから閲覧可能です。 なお、動画は別ウィンドウにて再生されます。 1.

取扱いの管理 6. 食品の安全性を求めて - 農政ジャ-ナリストの会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. RMPとは、個別の医薬品ごとに、(1)重要な関連性が明らか、又は疑われる副作用や不足情報(安全性検討事項)、(2)市販後に実施される情報収集活動(医薬品安全性監視活動)、(3)医療関係者への情報提供や使用条件の設定等の医薬品のリスクを低減するための取り組み(リスク最小化活動)をまとめた文書です。 医薬品安全性監視活動とリスク最小化活動には、「通常」と「追加」の2種類の活動があり、「通常の活動」とは、全ての医薬品に共通して製造販売業者が実施する活動のことで、具体的には、副作用情報の収集、添付文書による情報提供などが該当します。一方、「追加の活動」とは、医薬品の特性を踏まえ個別に実施される活動のことで、市販直後調査、使用成績調査、製造販売後臨床試験、適正使用のための資材による情報提供などが該当します。 承認審査等の過程で「追加の活動」の実施が必要と判断された場合には、その内容を含むRMPが製造販売業者からPMDAに提出され、PMDAのウェブサイトで公開されます。. 09) ゲノム編集のすべてが分かる!バイオステーション. 飲食器具とは、コップ、茶碗、はし、スプーンなど直接飲食時に使用する器具をいいます。割ぽう具とは、包丁、まな板、鍋、フライパンなど調理時に使用する器具をいいます。上記以外の器具とは、食品又は添加物の製造等に使用され、かつ、食品又は添加物に直接接触する機械、器具をいいます。製パン機などの製造機械類、貯蔵のためのコンテナ、運搬具や陳列ケースなど ・容器包装. イントロダクション 2. 農と食の光芒 - 農政ジャ-ナリストの会の50年 - 農政ジャ-ナリストの会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

に帰属します。 コンテンツの無断複写、転載を禁じます. 手順3.意図する用途の特定 4. 3.食品安全委員会において安全性評価が行われる農薬に係る基準値設定 新規登録申請があった農薬、食品衛生法に基づくポジティブリスト制度に より暫定基準が設定された農薬等、食品安全委員会において安全性評価(食. 手順11.検証手順の確立 原則6 12. 施設:人の衛生 8. 問われる輸入食品の安全性 - 農政ジャ-ナリストの会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント.

スポーツファーマシスト 6. HACCPシステムの原則 4. 5ちゃんねるのご利用は利用者各位のご判断にお任せしています| 5ch. 食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)の第1食品の部a食品一般の成分規格の6の(1)の表の第1欄、7の(1)の表の第 1欄及び9の(1)の表の第1欄に掲げる農薬、飼料添加物又は動物用医薬品の成分である物質(その物質が化学的に変化して生成した物質を含む。. 手順7.重要管理点(CCP)の決定 原則2 8. 揺れ動く農産物貿易交渉 - 農政ジャ-ナリストの会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント.

新しい薬を扱うとき 3. 添加物の使用により、病原菌の増殖を防止する。 2. (1)届出が必要な食品等の定義とは 食品衛生法第4条では、各品目ごとに以下のとおり定義を規定しています。 【解 説】 ・食 品. 新たな経営対策と日本農業 - 農政ジャ-ナリストの会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

農薬取締法改正を契機に「これからの農業」を考えよう 今回の農薬取締法改正は、消費者(=国民)から「今の農業が信頼できない」という評価が下ったことに端を発していることを充分認識する必要があると思います。. 手順5.フローダイアグラムの現場確認 6. 危害分析を実施したら、重要管理点(Critical Control Point;CCP)となる工程を特定します。CCPは、それ以後の工程では危害を防止することができないため、その危害を確実に管理することが必須となる工程のことです。このため“必須管理点”と呼ばれることもあります。CCPは、あまり多く設定すると重点管理の意義がなくなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。 CCPで実施する危害の防止方法には、以下のようなものがあります。 1.

実際に行われるドーピング検査手順については、JADAのホームページ(アスリートサイト)をご参照ください。 1. 5MB) インド食品安全基準局「ライセンス登録システム」(英語) その他参考情報. 1)危害要因の混入などを防止する。 2. 教育・訓練 HACCPシステムそのものには、食品の取り扱い前の手洗い、設備・機器類の日常の清掃などという基本的なこと、守られていて当然のことは含まれていません。また、HACCPシステムの中で重点管理される工程以外の衛生管理については、一般的食品衛生管理の仕組みの中で管理する. 食品安全委員会: Top Page 新着情報 開催実績、旧開催実績 食品安全総合情報システムにある情報データベース、研究情報、調査情報 分野別情報 農薬専門調査会 意見募集等 リスク評価: 食品産業センター: Top Page 食品事故情報告知ネット. 第2回近畿農政局入札等監視委員会の質 問に対する回答 「平成23年度6次産業総合推進委託事業 (兵庫県)」 質問内容 本業務は、専門的知識や統括力、創造性が高 受託者が任意団体になっているが、任意度に求められるため、応募資格を広く法人格の.

異物混入を、自動選別機(金属探知機など)や手作業により排除する。 4. JAcom農業協同組合新聞は昭和23年創刊。全国のJAグループ・農業・農村・食・環境などの情報を配信する専門紙。農政解説や提言、JA現場からの声. CODEXの「HACCPシステムとその適用に関する指針(HACCP SYSTEM AND GUIDELINES FOR ITS APPLICATION、Annex to CAC/RCP 1-1969、Rev. HACCPは、一次生産者から最終消費者まで、すべての過程に適用可能である。 4. See full list on forth.

治療使用特例(Therapeutic Use Exemptions : TUE)は、禁止物質・禁止方法を治療目的で使用したい場合、医師に必要事項を記載してもらった書類を添えて競技者が申請をする手続きです。認められれば、その禁止物質・禁止方法が使用できます。 TUEは、世界アンチ・ドーピングプログラムの中のアンチ・ドーピング規程(世界アンチ・ドーピング規程)とそのTUE国際基準(ISTUE)で手続きが定められています。参考資料としてガイドラインとMedical Information to Support the Decisions of TUECs が世界アンチ・ドーピング機構(WADA)によって提供されています。 org/) org/)からダウンロードできます。 org/)からダウンロードできます。 1. 3)」です。この「HACCPシステムとその適用に関する指針(CODEX:HACCPガイドライン)」は、「食品衛生の一般原則に関する国際規則」の付属書(Annex)として公表されており、食品衛生の一般原則の適用をベースとして使用することが意図されています。その構成(目次)は下記のようになっています。 1. 手順9.各CCPの監視システムの確立 原則4 10.

第8回全国種苗研修会講演 かわいそうな野菜たち―固定種の復活を夢見て― 野口 勲: 年 8・9月号: 意見広告と食の安全とGMイネを考える上越集会の報告: 安田 節子: 年 7月号: 第34回日本有機農業研究会全国大会in千葉県三芳村 分科会報告. 農林水産・食品分野における試験研究、 技術開発を振興するための助成及び先端産業技術の開発 新稲作研究会: 現地中間検討会(埼玉県下)関係資料を追加しました(. いよいよ、HACCPの中心となる“危害分析”の実施です。HACCPチームは、原材料、資材などの受け入れから、加工、製造、保管、配送などの各工程において、“合理的に起こり得ると予想されるすべての「危害要因(ハザード)」”を検討し、危害分析表にまとめていきます。食品に関連する危害は、通常以下のように「生物学的」、「化学的」、「物理的」危害の3つに分類されています。 ある工程で、上記のような危害要因の混入、生残、生成、増殖などが予想され、それが次の<1>または<2>に該当する場合には、どこかの工程でこれを管理する必要がありますので、すべて抽出しておかなければなりません。 1. 最後に 「今日からできる!How to RMP」の広報にご協力いただける方はこちら。 「3分でわかる!RMP講座」「今日からできる!How to RMP」に関.

. インド食品安全基準局(英語) 根拠法等 インド商工省・外国貿易部「外国貿易政策」(Foreign trade policy)(英語) (2. ドーピングとは競技力を高める為に薬物などを使用したり、それらの使用を隠したりする行為であり、 ドーピング違反に該当する行為はアンチ・ドーピング規程(世界アンチ・ドーピング規程)に定められています。 1.

医薬品の安全性の確保を図るためには、開発の段階から市販後に至るまで常にリスクを適正に管理する方策を検討することが重要です。医薬品リスク管理計画(以下、RMP)は、医薬品の開発から市販後まで一貫したリスク管理をひとつの文書に分かり易くまとめ、調査・試験やリスクを低減するための取り組みの進捗に合わせて、または、定期的に確実に評価が行われるようにするものです。また、RMPを公表して、医療関係者の皆様と市販後のリスク管理の内容を広く共有することで、市販後の安全対策の一層の充実強化が図られることが期待されます。 RMPについて分かりやすく解説した資料を以下に掲載しております。 1. 施設:保守管理及び衛生 7. 購買品の納品書や表示確認 5. sqf食品安全コードの一部を成してきましたが、 第9 版では食品安全文化プログラムの監督が新しい要求事項となって います。第9 版で求められる新しい食品安全文化の規範の概要を理解 し、安定した食品安全文化の要因となる重要な要素について学び、食品.

RMPを使ってみよう!編 RMPの実際の医療現場での活用方法について、具体例を交え紹介しています。 資料はこちら。 【チャプター】リンクをクリックすると各チャプターのところから閲覧可能です。 なお、動画は別ウィンドウにて再生されます。 1. RMPのライフサイクル 6. 手順10.修正措置手順の確立 原則5 11. この文書は、“HACCPの原則”と“HACCP適用の一般指針”で構成される。 2. netにおけるコンテンツの権利はLoki Tech, Inc.

. 手順1.HACCPチームの編成 2. 付図 この“CODEX:HACCPガイドライン”は、各国の行政機関または食品関連組織が、HACCPの考え方を採り入れて食品安全管理の仕組みを構築していくための指針であり、法的強制力をもつ仕組みを設けるかどうかも含めて、その採用方法は各国の判断に任されています。我が国の「食品衛生法」における“総合衛生管理製造過程承認制度”も、このCODEX:HACCPガイドラインに基づいて作成されています。このガイドラインは、第三者による認証を目的とした規格ではありませんが、現時点では国際的に最も広く適用されているHACCPの基準となっています。 CODEX:HACCPガイドラインの“序文”では、文書の構成や目的、適用範囲などが述べられていますが、以下にその概要を記載します。 1. - オフィシャルサイト。ノンストップ!nonstop! 2)混入した危害要因を除去する。 3. 重要管理点CCPを決定したら、それぞれのCCPに対して管理基準(許容限界、Critical Limit)を設定します。管理基準として使用されるパラメータには、温度、時間、水分レベル、pH、有効塩素などの計測値、または、外観や手触りのような人の感覚(官能検査)があります。 管理基準として設定するためには、製造工程中に、その基準が守られていることが確認でき、基準を逸脱した場合には、速やかに適切な処置を行えるものでなければなりません。たとえば、食品中の病原菌の有無そのものを管理基準としてしまうと、検査には数日間を要するのが普通ですので、管理基準からの逸脱を適切なタイミングで監視することができません。もし病原菌の有無が、加熱した製品の内部温度と保持時間に影響されることがわかっていれば、製品の大きさ、全体の加熱温度、加熱時間を管理基準にすることができるでしょう。 なお、管理基準を設定するためには、解析や実験の結果、過去の経験を含む統計データなど、客観的な裏付けとなるデータがなければなりません。.

科学的根拠に基づいて実施される。 5.

食品の安全性を求めて - 農政ジャ-ナリストの会

email: dyfezu@gmail.com - phone:(281) 700-4706 x 9807

Eternal/赤西仁 - パリの秘密

-> ことわざ子育て考 - 斎藤次郎
-> 15歳からの専修・各種学校ガイド 2011 - 晶文社学校案内編集部

食品の安全性を求めて - 農政ジャ-ナリストの会 - 力の概念 マックス


Sitemap 1

夜空の美術館 - 増田戻樹 - ラジオ英会話 NHKラジオ